Entries

◆各塁審のポジションと責任範囲  (クリック! →全文)

各塁審のポジションと責任範囲
①1・3BUはいずれもライン沿い外側へ立つ、打者へ正対しハーフスイングを判定する。
②2BUのポジションは1・2塁線延長側でもよい(中堅手の位置に注意)。

外野飛球への責任範囲
【1.無走者・走者3塁】
①1BU ⇒ ライトから右側
②2BU ⇒ ライトからレフト
③3BU ⇒ レフトから左側
mechanics1


※外野への飛球に対しては角度を取りながら近づき、必ず止まって判定する。
※ライン付近はラインをまたぎ(ラインキープ)判定する。
※判定後は原則としてプレーが落ち着くまでその場に留まる(野手が返球するまで)。
※本文中の「プレーが落ち着くまでその場に留まる」はすべて原則であり、内野内プレーを確認し、状況によってはフォーメーションに参加する。

【2.走者1塁、1.2塁、2塁、2.3塁、1.3塁、満塁】
①1.3BUは走者がある場合タッグの見やすい位置まで近づいて立つ、また捕手からの牽制球に対しては1.2歩内野内に移動し角度をとって判定する。
②各塁審は投手に正対し、ボークに注意する、1.3BUは打者のハーフスイングも判定する。

外野飛球への責任範囲
①1BU ⇒ センターから右側
②2BU ⇒ 外野への打球には責任を持たない
③3BU ⇒ センターから左側
④PU  ⇒ PUは走者がスコアリングポジション(2塁以上)にある場合は原則ステイ(他塁へのカバーに行かない)とするが、本塁でのプレーに戻れる範囲で各塁審のアシストを行う。
mechanics2